猫好きの猫好きによる猫好きのための空間

猫好きの猫好きによる猫好きのための空間

勉強に疲れた脳をmiwaで癒せー僕がmiwaを勧める3つの理由ー

受験生の皆さま、いよいよ明日はセンター試験ですね!緊張して眠れないのであればこの記事を読んでみてはいかがでしょうか。きっとリラックスして本番に臨めるはずです。

 

 

 

関係ないですが、ゲスの極み乙女がMステ生放送登場してましたね~。先日記事書いたばっかなんでどうしても注目しちゃいます。ロマンスがありあまりまくってました。きょうのMステにはback numberもmiwaも出てたんで自分的にはかなりいい放送でしたね!ラブソング王ランキングっていうのもやってたんですが、miwaは女性部門で23位でした。最近の勢い考えたらもうちょい上行ってもいいかなと感じたんですが、ラブソングは群雄割拠ですもんね。

 

 

ということで、今日は僕のmiwa愛について語っていきたいと思います(笑)。といっても実は最近miwa熱が落ち着いちゃってるので昔の話が多くなりそうですが。

 

miwaの良さって、飾りっ気のない感じだと思うんですよ。カリスマ性がないと言われればその通りなのですが、身近にいるすごいやつみたいなイメージ。消費者たちとの心の距離が圧倒的に近いんです。では具体的にどういうところが近いのか。解説していきます。

 

※画像関連は著作権うんぬんをまだ完全に把握していないので載せないでおきます。あらかじめご了承ください。

1、可愛すぎない

 

いや、可愛いほうがいいでしょ!と思ったそこのあなた!違うんです。かわいいっちゃ可愛いんだけど、もっとかわいい人はいくらでもいるってくらいのほうがいいんですよ。

 

結構偏見入っちゃうんですが、抜群に可愛い人って幼少期からまわりにちやほやされるから調子づくんですよねえ。仕方のないことかもしれませんが…。でもクラスで三番手くらいの女の子って上がいることを理解してるから鼻につかないし、ほかの部分で努力しようとする。しかも可愛い事には可愛いので、「あの子可愛いのに努力家だよね!」という評価が得られ、好感度がくそ高くなるんですよ。応援したくなる。

 

それが最近はちやほやされすぎてる感あるんですけどねー。かわいいって言われすぎ。だってmiwaが笑った時の顔カエルにそっくりですよ?でもそこがいい。わかんないかなあ。僕的にはオールナイトをやっていた慶応大学在学中がベストでしたね。

 

 

2、とにかく頑張り屋

彼女はほんとに頑張り屋なんです。なんとなく世間にはすぐデビューしてちやほやされてるみたいな認識をされているような気がしますが…。

 

僕がmiwa好きになったのは中三の終わりでした。いまから5年前になりますね。もうそんなになるのか…。その頃はまだメジャーデビューして間もないころで、”小さな大型新人”なんて言われていたのを覚えています。友達から”春になったら”という曲を借りて、特に期待もせず聴いてみたんですが、これが良かった。純粋にいい曲だな、っておもいました。爆笑問題のラジオ企画の一環で作られた受験生応援ソングなんですが、淡い恋心もうまく描き出していて対して経験もないくせに共感してました(笑)。明るめのメロディーも良かったですね。カップリングの”青空”はブルーハーツのカバーなんですが、最初知らなくてmiwaの曲両方ささるなあとか思ってましたね(笑)。

 

で、そのすぐあとにラジオが始まったんですよ。ちょっと前からオールナイトニッポンRをやっていて、それが一部に昇格した感じで。「m,i,w,a,miwaでーす!」からはじまるタイトルコールは恒例でした。当時まだ慶応大学の商学部に在籍していて、確か三年生だったかな?毎年全国ツアーもやっているので、ツアーとテスト期間とラジオ収録が被った時は本当にきつそうだったし、すごいなと思いました。もうミュージシャンとしても活躍してるんだから大学なんか行かなくていいやって普通はなるじゃないですか。それなのに結局4年で卒業して、今はもっと活躍の幅広げて、去年は映画のヒロインなんかをやったりして。ただの大学生の僕でさえハマっていることがあると大学行くよりも有意義な時間の使い方したいとか適当な言い訳つけてサボったりするのに。

 

やばい、長くなってる…(笑)。

 

3、聴いてて疲れない

miwaの曲がすごいのは、心に響く一方で消耗しないところなんです。良くも悪くも軽いんですよね。僕はBUMPやback numberなんかも好きなんですが、めちゃくちゃ心に響く代わりにすっごい疲れる(笑)。がーっと頭使ったあとはmiwaに癒されるのが至福です。でもこれも最近は薄れつつあるんですが…。やっぱラジオやってた頃が一番でしたねえ。

 

 

こんな感じですかね!2つ目だけなぜかめちゃくちゃ長くなってしまいましたが、この記事で少しでもmiwaの魅力が伝わればいいなと思います。