スマログ

人生を賢く(スマート)に生きるためのヒントを記録(ログ)したサイトです

【評判・おすすめ比較】大学受験は通信教育だけでも大丈夫?スタディサプリ・Z会で合格を目指そう!

こんにちは。前回は大学受験について、私なりの見解を語らせていただきました。

totaltenbosslove.hatenablog.com

今回はそんな私がおすすめする、通信教育サービスをご紹介させていただきたいと思います。【2018年7月更新】

おすすめ大手3社のサービスと評判を徹底比較

ここからは登録者数が多く、サービスが手厚い大手3社を紹介していきたいと思います。各説明の下に貼ってある画像リンクから簡単に資料請求できますので、少しでも迷われたらまず資料請求してみることをおすすめします。では、一番有名なスタディサプリから紹介します。

スタディサプリ

f:id:totaltenbosslove:20171011142731p:plain

(引用:リクルートHPより)

リクルートが提供している通信教育で、勉強が難しくなる小学校4年生から、中学生の定期テスト・高校受験対策までカバーするお子様の成績アップのためのオンライン学習サービスです小学・中学・高校、大学受験まで5教科18科目1万本を超える有名講師陣の授業をPC、スマホ動画で見放題、テキストは会員限定サイトでダウンロードできる仕組みです。月額料金はなんと980円圧倒的な安さと講師の質を考えると、費用対効果の面では確実にナンバーワンだといえます。そして実績面も申し分なし。なんと受講者の2人に1人は難関校に合格しているというデータも公開されています!(東京一工や早慶、医学部を含む、偏差値55以上の大学を難関校と定義しているようです)

これを見ると通信教育だけでも十分大学受験は戦えることがわかると思います。

 

【メリット】

・大学受験の塾の年間費用が高いところで100万円近くかかるところ、月額980円で利用できる

・実力派講師陣をそろえているため、授業がめちゃくちゃ面白い

・学習計画機能があるため、親御さんが子供の進捗状況を把握できる

・お試し登録ができるため、お金をかけずに体験授業を受けることができる

・自分だけの学習プランを用意してもらえる

【デメリット】

・テキストをダウンロードして印刷する手間がかかる(テキスト代がかからないという点ではメリットとも言える)

・テストが用意されているが、全部選択式

・双方向のコミュニケーションがない

・動画で授業を受けるため、わかった気になってしまいがち

 

以下の記事で詳しく紹介しています。よろしければどうぞ。

totaltenbosslove.hatenablog.com

 

さらに詳しい情報はこちらからどうぞ。今なら14日間無料で、かつ1か月以上継続すれば現金2000円キャッシュバックもついてます。しかも無料体験で自分だけの学習プランまで作ってもらうことができます。合格特訓コースキャンペーンとW適用で、テキスト最大3冊プレゼントの+αの特典付きです。

 

Z会高校生向けコース 

 

学習塾でも有名なZ会が提供している通信教育です。

「高校の授業を基礎から学びなおしたほうがいいのかも…」
「先の受験を見据えて、力をつけることができるのだろうか…」
「大学受験を控えているけれど、習い事を続けながら志望校合格したい…」
「部活と勉強って両立できるのかしら…」
「志望校合格まで、今やるべきことって何だろう…」

親御さんのこういった悩みと徹底的に向き合い、高品質なサービスを提供してきたのがZ会です。

 

Z会の問題集には良問を厳選して掲載しています。難関大入試を見すえて「今解くべき」「考えて、書く」問題を厳選してお届けします。入試問題はすらすら解けるものではないからこそ、普段から悩んで考え、書く練習を積むことが大きな力になるのです。また、しっかりとした添削を行うため、丁寧な指導を受けることができます。「考えて、書く」問題の答案は人それぞれ。だからこそ添削が効きます。あなたの答案に対して親身に個別指導するから、「今後、高い点数を取るにはどうしたらよいか」がわかります。長年の実績があり、教材の質にも安定感があっておすすめです。

 

【メリット】

・頭を使う記述問題が多いため、思考力と記述力がつく

・質問をする手段が複数用意されているため、わからない問題を放置することがない

Z会オリジナルの質の高い問題が多い

iPadでもテキストベースでも受講可

【デメリット】

・シンプルで単調、高難度な教材であるため、勉強が好きでないお子さんには不向き

・他の通信教材よりも高額

・モチベーションを維持させるシステムがない

 

以下の記事でZ会を詳しく紹介しています。よろしければどうぞ。

totaltenbosslove.hatenablog.com

 

さらに詳しい情報はこちらからどうぞ。今なら高校生コースの資料請求をした方には変わる大学入試を解説した『これからの大学入試の教科書』Z会が出題する問題や添削指導の特長がわかる『良問×添削』に加え、東大・京大志望の方には、それぞれの情報誌をお届け。さらに新高1生には『総まとめ 中学範囲復習ドリル』を、新受験生には問題冊子『今日からはじめる大学受験英語をプレゼントしているようです。

進研ゼミ

進研ゼミは勉強がそこまで得意ではないお子さん向けです。そのため、そこまで難関校を狙っていないご家庭におすすめです。単純に高校の成績が心配だから補強するという使い方もできますね。全体としての受講者も多いので、口コミも多く情報がそろえやすい、模試で自分の立ち位置がわかりやすいという利点があります。

 

【メリット】

・図解説明が多いため、勉強が苦手な子供向け

・付録がついてきて、やる気を起こさせてくれる

赤ペン先生のサポート、映像授業でのフォローがある

・模試の受験者数が多いので、自分の立ち位置がわかりやすい

【デメリット】

・演習量が少ない

・難関校向けではない

 

詳しい情報はこちらからどうぞ。

 

まとめ:塾なしでも大学受験は戦える

大学受験は厳しい戦いになりますが、必ずしも塾なしでは合格できないということはありません。今回は通信教育サービスを提供する各社のメリット・デメリットをまとめてきましたが、より詳細な判断をするためにはそれぞれ資料請求やお試し受講をするのがいいでしょう。ネット上にはたくさんの情報が載っていますが、それはあくまで2次情報(人の手によって加工された情報)です。しっかりと悔いのない判断をするためには、恣意性がない1次情報(手が加えられていない情報)を見て自分の頭で判断しましょう!

豊かな生活を送るための一つの手段、かつ最も確率の高い手段が、良い大学に入ることです。通信教育を賢く活用して、その切符を手にしてみませんか?

資料請求はこちらからどうぞ

 

また、通信教育との比較をするという意味でも、大手の受験塾の資料も見ておいた方がいいでしょう。

Z会×栄光ゼミナールの新ブランド、大学受験専門塾ディアロ】

 

また、通信教育を受講しつつ足りない部分は塾や家庭教師で補強するという使い方もできますね。市販の参考書も活用しつつ学習していくのがおすすめです。

 

少しでもお役に立てれば幸いです。大学合格を目指して頑張ってください!